交通安全週間もこれで安心!交通違反で取締を受けずに捕まらない方法

交通安全週間もこれで安心!取り締まりで捕まらないために気を付けること 1 年中行事

交通安全週間は交通違反取締する警察官が急増

交通安全週間は、交通違反で捕まる確率が非常に高くなります。なぜなら、交通違反を取り締まる警察官が増えるからです。

さらに、重点取締といって、ある特定の場所や、ある特定の違反に関して、より重点的に取り締まって、より多くの人を容易に検挙できるようなノウハウが共有されるからです。

交通安全週間の取り締まりはパターンがある

交通違反さえしなければ、取り締まられることなんかない!と言う人もいますが、それは確かにそのとおりではあるのですが、交通違反しない!はずだったのに、交通安全週間に検挙されてしまう人も結構います。

逆に、交通違反をしているのに、検挙されない人もいます。その違いは、どこから出てくるのかと言えば、交通安全週間の取締パターンを知っているか知らないか、の違いです。

交通安全週間には、交通違反の取り締まりに不慣れな素人警察官も取り締まりにあたりますが、そんな不慣れな警官であっても、より多くの違反者を検挙できるように、ごく決まった違反を集中して取り締まりをします。

その決まった違反こそが、交通安全週間の取締パターンなのです。

それらはだいたい次の違反です。

  • シートベルト/携帯ながら運転
  • 一時停止違反
  • 歩行者妨害
  • 車線変更

この5つを気をつけるだけで、交通安全週間に検挙されることがほぼ無くなるでしょう。

交通安全週間もこれで安心!取り締まりで捕まらないために気を付けること 1

シートベルト/携帯ながら運転

シートベルトや携帯ながら運転は、素人警官でも簡単に違反を確認しやすく検挙しやすい違反なので、特に交通安全週間のときは、特に意識して気をつけるようにしましょう。

普段シートベルトをしっかりしている人に限って、シートベルトの違反で捕まってしまいがちです。というのも、いつもシートベルトをしている人は、ついついシートベルトをうっかりし忘れたときでも、「シートベルトをしているはずだ」と勝手に思い込んで、シートベルトをしないで運転してしまったりするからです。

いつもシートベルトをしている人が、うっかりシートベルトをするのを忘れてしまうのは、買い物先の駐車場から車を出すときとかに、車を早く出そうと慌てているときとかに、シートベルトはとりあえず、車を出してからシートベルトをしようと、シートベルトを後回しにして、そのまま忘れてしまう、というようなパターンです。

あるいは、ちょっと車を動かすだけで、スグにまた車から降りるからシートベルトをしなくていいやと思っていたのに、そのまま、車から降りずに運転することになって、気がついたらシートベルトをせずに運転していたというようなパターンです。

どんなに慌てている時、忙しい時であっても、「あとで」と言わず、スグにシートベルトをする癖をつけましょう。

また、携帯電話の違反に関しては、車にスマホホルダーをつける、ブルートゥースイヤホンをつけることで、違反しなくなります。

どちらも百均で買うことができますので、すぐに買いに行きましょう。

一時停止違反

一時停止違反も、交通安全週間に多い取締です。

交通安全週間もこれで安心!取り締まりで捕まらないために気を付けること

一時停止は、一旦停止の標識があるところで止まれば取締を防ぐことのできる違反ではありますが、気をつけたいのが、踏切での一旦停止です。

踏切では一旦停止しなければならないのですが、一旦停止の標識がないので、一旦停止を忘れてしまう人も多いでしょう。

また、警察が一旦停止を取り締まる場所は、一旦停止を忘れやすい場所です。

それがどういうところかと言うと、小さな道から大きな道路に出る所ですが、特に交通量が少なくて、見通しがよい道路であっても、小さな道路から大きな道路に出るところには、一旦停止の標識があったりします。

そうしたところでは、誰もが一旦停止を守るのですが、警察が狙うのは、誰もが思わず一旦停止を忘れてしまうような場所、一旦停止が必要なさそうな場所です。

見通しが良くて、車の通行が少ないか、全く無くて、一旦停止が必要ないところだけど、一旦停止の標識がある場所に、警察は隠れていて、取締をします。

歩行者妨害

これも、警察は点数稼ぎをしやすいために、よく取締をするポイントです。

基本的に、横断歩道は、横断歩道に人がいるときには、車両が通行してはいけないことになっています。

たとえ、横断歩道の人が、立ち止まって、車に対して、先に行っていいですよと言っても、先に行くと、検挙されます。その時に、「歩行者が車に道を譲ってくれた!」と言っても、警察はその言い訳を聞いてくれずに検挙します。

交通安全週間のときには、横断歩道を通るとき、横断歩道に人がいるときは絶対に車を発信させないを徹底しましょう。

車線変更

車線変更も、取締しやすい違反なので、交通安全週間には要注意です。オレンジ色の写真のレーンに入ったら、絶対に車線変更をしない!これをとにかく徹底してください。

まっすぐ進みたかったのに、左折、右折のレーンに入ってしまった、逆に右折、左折したかったのに、直進のレーンに入ってしまった。そのまま進んでしまうと、Uターンして戻ってこなければならず、5分くらいロスしてしまう!そんな焦りから、ついついオレンジ色のレーンをまたいでしまう人が後を絶ちません。

間違えてレーンに入ってしまったら、少々時間をロスしてしまうことになってしまいますが、指示通りに進んで、道を引き返しましょう。

もし車線変更で取締を受ければ、もっと時間をたくさんロスすることになりますし、また罰金も払わなければならくなりますし、違反点も加算されてしまいます。

それを考えれば、普通に引き返したほうが、時間もお金もロスが少ないです。

まとめ

交通安全週間に取締を受けないようにするには、特に4つの違反に気をつけることで、取締をうける確立をかなり減らすことができます。

その4つの違反とは、1,シートベルト/携帯ながら運転 2,一時停止違反 3,歩行者妨害 4,車線変更 の4つです。

この4つの違反をしないようにするための心がけとして共通していることは、「面倒臭がらない」です。その時は、「こんなのを守ってたら余計に時間がかかる!」と思うかもしれませんが、でもそういう時に限って、普段絶対に捕まらないはずなのに捕まってしまう羽目になります。 つかまれば、時間もお金もロスすることになりますので、交通安全週間のときだけでも、ルールを守ることを面倒臭がらず、むしろ時間をいつもより賭ける覚悟で望みましょう。そうすることで、取締をうける確立をぐっと減らすことができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました