炭酸水の強さを比較!市販20種類の人気商品を比べました

tansansui

 最近は炭酸の強さをより強調した、強炭酸水という商品も売っていますが、実際の炭酸の強さがどのくらいなのか、気になる方もいるでしょう。

 そこで、ここでは、炭酸水のガス体積「GV」を比較することで、市販の炭酸水20種類を、炭酸強い順にランキング表示しました。

炭酸水の強さを知りたい人は、ぜひ表を参考にして下さい。

市販の炭酸水20種の強い順リスト

商品名メーカー価格(500mlあたり)炭酸の強さの度合い炭酸の強さを示すデータ(ガス体積)
カナダドライ 新 ザ・タンサン ストロングコカ・コーラ81円非常に強い6.0
ウィルキンソン タンサンアサヒ飲料81円非常に強い5.0
サントリー 天然水スパークリングサントリー83円強い4.5
ザ・プレミアムソーダ from YAMAZAKIサントリー100円強い4.5
KUOS 強炭酸水OTOGINO100円強い4.5
VOX ストレートフォルダ100円強い4.5
ゲロルシュタイナーサッポロ150円強い4.5
サンペレグリノネスレ150円強い4.5
ペリエネスレ150円強い4.5
富士山の強炭酸水アイリスオーヤマ100円中程度3.5
伊藤園 磨かれて、澄みきった 日本の炭酸水伊藤園100円中程度3.5
クリスタルガイザー スパークリングCGWC100円中程度3.5
伊賀の天然水炭酸水サンガリア100円中程度3.5
スパークリングウォーター神戸居留地100円中程度3.5
サンガリア 伊賀の天然水 強炭酸水 レモンサンガリア100円中程度3.5
サンガリア 伊賀の天然水 強炭酸水 ライムサンガリア100円中程度3.5
ウィルキンソン タンサン レモンアサヒ飲料81円中程度3.5
アイシー・スパーク from カナダドライコカ・コーラ81円中程度3.5
Happy Belly 強炭酸水 プレーンAmazon83円中程度3.5
サントリー 天然水スパークリング レモンサントリー83円中程度3.5

炭酸水の強さを比較する数値について

炭酸の強さは、一般的に「ガス体積(GV)」という単位で表されます。ガス体積とは、1リットルの水に溶け込んだ炭酸ガスの体積を示すもので、数値が大きいほど炭酸が強いと言えます。

ウェブ検索の結果によると、下記の炭酸水のガス体積は以下の通りです。ただし、ガス体積は製造時のものであり、保存状態や開封後の時間経過などによって変化する場合がありますので、あくまで目安としてご覧ください。

強い炭酸水を選ぶ際の注意点について

炭酸が非常に強い炭酸水と、炭酸が弱い炭酸水を比較すると、それぞれの特徴に基づいてメリットとデメリットが存在します。以下に、一般的な傾向として考えられる点を挙げてみますが、個々の好みや体験は個人差があるため、一概には言えません。

メリット:

炭酸が強い炭酸水:

  1. 強い刺激と爽快感: 口や喉に感じる炭酸の刺激が強く、これが爽快感をもたらすことがあります。
  2. 味の強調: 強い炭酸感が飲み物の風味を強調し、飲み物全体の味わいを引き立てることがあります。

炭酸が弱い炭酸水:

  1. 軽い飲み心地: 炭酸の刺激が控えめで、口当たりが柔らかいため、飲みやすいと感じる人がいます。
  2. 飲み物の中で他の風味が際立つ: 炭酸が控えめなため、飲み物に含まれる他の成分や風味がより際立つことがあります。

デメリット:

炭酸が強い炭酸水:

  1. 過剰な刺激: 一部の人にとっては、炭酸が強すぎると不快に感じることがあります。
  2. 飲み続けるのが難しい: 強い炭酸感があると、大量に連続して飲むのが難しい場合があります。

炭酸が弱い炭酸水:

  1. 爽快感が不足: 一部の人にとっては、炭酸が弱いと爽快感が不足すると感じることがあります。
  2. 味の強調が控えめ: 炭酸の刺激が少ないため、飲み物全体の味わいが強調されにくい場合があります。

これらのメリットとデメリットは個人差が大きく、好みや目的によって異なります。重要なのは、自分の好みや体験に合った炭酸水を選ぶことで、満足度が高まるでしょう。

まとめ

強い炭酸水を選ぶ際の注意点は、口や喉に強い刺激と爽快感があり、味わいが強調されるメリットがある一方、過剰な刺激や飲み続ける難しさがデメリットとして挙げられます。弱い炭酸水は軽い飲み心地や他の風味の際立ちがメリットであり、爽快感が不足する可能性がある一方、味の強調が控えめなデメリットがあります。選択時には個人の好みや体験を考慮し、バランスを見つけることが重要です。

コメント